トヨタのKINTO(きんと)とは?デメリット・評判を徹底解説!

サブス倶楽部は日本一わかりやすくトヨタのサブスクリプション【KINTO】の情報を発信している攻略サイトです。

  • 頭金なしでお得に車を使いたい人
  • KINTOを使ってみたい人
  • 手間なく毎月定額で車の利用がしたい人

ここでは、こんな人に向けてKINTOの基礎知識から応用秘技までイメージ図を使いながら詳しく解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

サブスク初心者

トヨタのKINTOって何?CMで見るんですが、定額制で車に乗れるってほんとですか?

本当です♪詳しく解説していきますね!

トヨタのKINTO(きんと)とは?仕組み・からくりを30秒でサクッと解説!

そもそもKINTOとはどんなサービスなのかを簡単に知っておきましょう!

KINTOはざっくり言ってしまえば、定額制で車に乗れるトヨタのサービスです。

定額制なので、購入やレンタル、カーリースとは少し違っています。

  1. WEB上で車を決め契約する
  2. 毎月定額を支払い車に乗る
  3. 契約期間が満了したら車を返却するか継続して車を使える

こんな流れで、まるでWEBサービスのように車に乗ることができます♪

つまりKINTOは、車を所有するかのように車を使えるのに日々のメンテナンスや税金・保険の支払いはKINTOたった1社とやりとりするだけで完結できるサービスです。

利用者からすると車を従来通り使えるが、車の維持にかかる手間が大幅に減ったり、人によっては安く利用できたりとメリットが大きいです。

ちなみに、KINTOの名前は好きな時に好きなところへ連れて行ってくれる孫悟空の最強アイテム「筋斗雲」に由来します。
KINTOの名前の意味は?LOGOやサービス名の由来は筋斗雲!

KINTO(きんと)のメリット3選

KINTOを使うとどのようなメリットがあるのか説明します!

ここでは特に嬉しい3つのメリットを紹介します♪

KINTOのメリット
  • 頭金なし毎月定額でトヨタ車・レクサス車に乗れる
  • 車の維持にかかる諸費用がコミコミだから手間がかからない
  • 若い人は任意保険が割安でお得

頭金なし毎月定額でトヨタ車・レクサス車に乗れる

KINTOの最大のメリットのひとつは頭金なしで月々定額で車に乗れることです♪

頭金が必要ないのは、車と維持にかかる料金全てを契約期間中に支払っていくからです。

つまり、人気のあるトヨタ車とレクサス車の充実したラインナップから好きな車を選んで月々定額で乗れます♪

車の維持にかかる諸費用がコミコミだから手間がかからない

車の維持にはいくつもの費用が必要なので、手間がかかります。

車は欲しいけど、「手続きやお金の支払いが面倒」という理由で車を持たない人も多いですよね。

KINTOは、税金や保険料、日々のメンテナンスの料金がすべて含まれています。

支払い先はKINTO1つだけだから、手間がかからないのが大きなメリットです♪

若い人は任意保険が割安でお得

KINTOには、任意保険も含まれています。任意保険は、加入する絶対的な義務はない保険で自分への補償が受けられる保険です。ほとんどの人が加入します。

そして、若い人は個人で任意保険に加入するより、KINTOで入る方が安くなる可能性が圧倒的に高いです。

免許を取り立ての人や新社会人の人、20代〜30代の若い人は、現金やローン購入よりもKINTOを使う方が安く車に乗れるでしょう♪

KINTO(きんと)のデメリット

KINTOを利用する時のデメリットもここで紹介しておきます。

KINTOのデメリット
  • トヨタ車とレクサス車にしか乗れない
  • 等級が高い人にとっては割高になるかも

この2点についてそれぞれ説明していきます。

トヨタ車とレクサス車にしか乗れない

KINTOのデメリットのひとつがトヨタ車とレクサス車にしか乗れないことです。

月々定額で車に乗る方法を提供している別の会社では、トヨタ車とレクサス車以外の取り扱いがあります。

例えば、ホンダのマンスリーオーナーならホンダ車に乗れますし、「DeNA SOMPO Carlife」が運営する損保で乗ーるなら国産車も輸入車も乗れます♪

▼KINTOと他の類似サービスの比較はこちら▼
車のサブスクリプションは高いのか?メーカー系など6社を徹底比較!

等級が高い人にとっては割高になるかも

KINTOの任意保険は免許を取り立ての人や新社会人の人、20代〜30代の若い人にとっては割安になるケースが多いとすでにお伝えしました。

ですが、反対に運転歴が長く事故も長らくしていない人にとっては割高になるかもしれません。

運転歴が長く事故も長らくしていない人は、保険の等級が高いです。等級が高いのは良いことなのですが、KINTOでは等級を引き継ぐことができません。

どんな人が入っても、同じ保険を受けられるのが等級が高い人にとってデメリットになり得るので注意してください。

KINTO(きんと)を実際に利用した人の評判

KINTOを実際に利用した人の口コミをみてみましょう!

契約から2ヶ月経つのに納期は当面先とのこと

保険等級が高く人気車種の白黒にしか乗らない人は残価設定ローンのほうがいい

ヤリスがここまで良い車だと色々後悔の念が…

KINTOって自分の車じゃないので盗難対策しなくていいんですよ

ランクルをkinto契約するのは明らかに損だと思う

ランクルは、海外で高値で取引されている超人気車ですからね。新車の購入価格と、数年後の売却値段が変わらないケースもよく聞きます。

タケル

トヨタ車に月額いくらで乗れる?KINTOの料金を解説

月額制でトヨタ車に乗れるKINTOですが、実際いくらで利用できるのか解説していきます!

まずはじめに、KINTOの料金を考える上で大事なポイントは次の6つです。

  • 頭金なしで始められる
  • グレードとオプション装備
  • ガソリン代と駐車場代
  • 任意保険で料金が高くなる人と安くなる人
  • ボーナス併用払いで月額料金を抑えることもできる
  • 契約期間によって月額料金が変動する

それぞれ解説します。

頭金なしで始められる

KINTOは月額料金に車両代金をはじめ、車の維持にかかるほぼ全ての費用が含まれています。

そのため、頭金という概念はないです。だから、「車を手に入れるためにまとまったお金が必要」という考え方は一昔前のものになったと言えます!

グレードとオプション装備

KINTOで車を選ぶときに、グレードとオプション装備を決めます。

グレードはデザインや内装、ガソリン車なのかハイブリッドモデルなのかといった選択肢です。

オプション装備には、標準装備のフロアマットやETCなどの他にバックモニターやサンルーフ、ドライブレコーダーなどを車につけるかを選ぶことができます。

グレードとオプション装備の内容が、月額料金に反映されるイメージです。

ガソリン代と駐車場代

KINTOの月額料金には次の2つが含まれていません。

  • ガソリン代
  • 駐車場代

ガソリン代は使い方を工夫すれば安く抑えられますし、駐車場も安い場所を契約することで費用を抑えられますね。

任意保険で料金が高くなる人と安くなる人

KINTOの月額料金でポイントとなるのが任意保険です。

すでにお伝えしましたが、任意保険とは加入する絶対的な義務はない保険ですが、自分への補償が受けられる保険です。だから、ほとんどの人が、加入します。

若い人は個人で任意保険に加入するより、KINTOで入る方がほとんどのケースで安くなります。

反対に、運転歴が長く事故をしていない「等級が高い人」は割高になるかもしれません。契約する前に必ずKINTOで料金を確認しておいてください。

新社会人の人や20代の人は、現金やローン購入よりもKINTOを使う方が安く車に乗れるでしょう♪

▼KINTOの任意保険の詳細はこちら▼
KINTOのコミコミ任意保険とは?卒業したての社会人なら安くなる!

契約期間によって月額料金が変動する

KINTOは3年、5年、7年の3つの契約プランから好きなプランを選びます。

月額料金は、その期間で発生する料金を均等に割った料金です。だから、契約期間は長い方が自然と毎月の料金は安くなります。

サブスク初心者

契約期間が長いプランだと同じ車に乗り続けなきゃいけないってことですか?

いいえ、KINTOは一定期間たったら違う車に乗り換えられる「のりかえGO」という制度を実施しているから、契約期間に達する前に違う車に乗れますよ!

車が必要なくなったら所定の手数料を支払えば中途解約も可能です。

ボーナス併用払いで月額料金を抑えることもできる

KINTOの支払い方法には、ボーナスなしと併用払いの2つがあります。

併用払いを選べば月額料金を抑えることも可能です。「給料は低いけどボーナスがある」というならボーナス併用払いがいいかもしれません。

また、「ボーナスはないけど車に乗りたい」場合も契約期間を長めにすることで安く車に乗れます♪

【20代の人気No.1】RAIZEは月額16,280円から乗れる!

3年 5年 7年
なし 39,820円〜 36,960円〜 34,650円〜
5.5万 30,690円〜 27,830円〜 25,520円〜
11.0万 21,450円〜 18,590円〜 16,280円〜

KINTOで20代の人気No.1はRAIZEです♪

実物の車体を見た瞬間、「角張っていてかっこいい」と思いました!

タケル

RAIZEにKINTOで乗るなら、最も安くて月額16,280円から乗れるようです。

ボーナスなしだと、月額34,650円から乗り始められます。

この金額に上乗せされるのはオプション装備の金額です。オプション装備を少なくすれば料金や安いままですし、多くすれば料金は高くなります。

KINTO(きんと)人気の車種TOP5を紹介

KINTOで特に人気のトヨタ車TOP5をご紹介していきます!

No.1:ヤリスクロス/月額21,010円〜(税込み)

ヤリスクロス
契約から納期の目処 1.5ヶ月〜2ヶ月
月々の支払い
3年 26,180円〜
5年 22,880円〜
7年 21,010円〜
総合評価
(5.0)
価格
(5.0)
燃費
(4.0)
機能性
(4.5)
デザイン
(4.5)
使い勝手
(4.5)

No.2:ルーミー/月額14,630円〜(税込み)

ルーミー
契約から納期の目処 1ヶ月
月々の支払い
3年 18,810円〜
5年 16,170円〜
7年 14,630円〜
総合評価
(4.5)
価格
(5.0)
燃費
(4.0)
機能性
(4.5)
デザイン
(4.0)
使い勝手
(4.5)

No.3:RAIZE/月額16,280円〜円(税込み)

RAIZE
契約から納期の目処 1.5ヶ月〜2ヶ月
月々の支払い
3年 21,450円〜
5年 18,590円〜
7年 16,280円〜
総合評価
(4.5)
価格
(5.0)
燃費
(4.0)
機能性
(4.5)
デザイン
(4.5)
使い勝手
(5.0)

No.4:ハリアー/月額26,510円〜(税込み)

ハリアー
契約から納期の目処 1.5ヶ月〜2ヶ月
月々の支払い
3年 34,100円〜
5年 29,8100円〜
7年 26,510円〜
総合評価
(4.0)
価格
(3.5)
燃費
(4.0)
機能性
(5.0)
デザイン
(4.5)
使い勝手
(4.5)

No.5:プリウス/月額18,150円〜(税込み)

プリウス
契約から納期の目処 1ヶ月
月々の支払い
3年 23,760円〜
5年 20,1300円〜
7年 18,150円〜
総合評価
(3.5)
価格
(4.0)
燃費
(5.0)
機能性
(4.5)
デザイン
(4.0)
使い勝手
(4.0)

KINTO(きんと)ウェブサイトの便利な使い方3つをご紹介


ここでKINTOのWEBサイトの便利な使い方を3つご紹介します♪

お得に車に乗る上で役立つ方法です。

  1. お気に入りの車を見つける
  2. 料金シミュレータで支払額を比較する
  3. 見積もり額を保存する

お気に入りの車を見つける

1つ目はKINTOで扱っている車の中から自分にピッタリの車を見つける方法です。

KINTO公式サイト内の「ラインナップ」ページの絞り込み機能の中には、年代別の人気車種ランキングで絞り込む機能があります。

毎月の料金だけでなく、年齢別の人気ランキングを見ることで乗りたい車を決定するヒントになりますよ!

「人と被りたくない」なら、ランキングに出ていない車を選ぶのも一つの手ですね。

タケル

料金シミュレータで支払額を比較する

料金シミュレータは毎月の支払額を車種、年齢、利用期間の3つだけで算出できます♪

現金一括払いと銀行自動車ローン(5.0%)と比較した金額が出るので、「自分がお得に乗れるか?」が一瞬で見積もり可能です!

見積もり額を保存する

3つ目は気になる車種に希望のカラーやオプション装備を施した見積もり額を最大3つまで保存しておけます♪

保存にはアカウント登録が必要ですが、登録に必要な項目はメールアドレスとパスワード、車の利用属性(個人もしくは法人)の3つのみで簡単です。

▼KINTOの使い方の詳細はこちら▼

【トヨタ】車のサブスクKINTOの始め方

【比較】KINTO(きんと)はローン購入やカーリースと何が違う?

KINTOは大きな枠組みで捉えるとカーリースです。しかし、詳しく見ていくとカーリースとも違います。

ここでKINTOが購入やカーリースとどう違うのかを見ていきましょう!

KINTO 現金・ローン購入 カーリース
自動車税 ⭕️
込み

別途発生
⭕️
込み
任意保険料 ⭕️
込み

別途発生

別途発生
メンテナンス等各種管理 ⭕️
KINTOが管理
⭕️
リース会社が管理

自分で管理
突発的な故障・事故 ⭕️
販売店が対応
⭕️
リース会社が対応

自分で対応
中途解約 ⭕️

原則不可
⭕️
売却可

現金やローンで車を購入すると、税金や保険料の支払い、車検といったメンテナンスを全て所有者であるあなたが個別にしなければなりません。

カーリースは、車にかかる諸費用コミで毎月定額で乗れますが、任意保険は基本的に含まれておらず契約期間中に途中で解約が不可能です。

KINTOなら、車にかかる諸費用(任意保険も)含めて毎月定額で利用でき、日々のメンテナンスや事故対応もしてくれます♪

また、中途解約が可能で、一定期間たったら車の乗り換えもできる点がカーリースとの大きな違いです。

KINTOは、今までの車を持つ上で常識だった手間や条件がうまく取り除かれていますよね!

タケル

KINTO(きんと)をおすすめする人・おすすめしない人

KINTOは素晴らしいサービスですが、おすすめできる人とそうでない人にわかります。

あなたが「KINTOを使った方がいいのか?」がザックリわかるので、それぞれ見ておきましょう!

KINTOをおすすめする人

KINTOをおすすめする人
  • 頭金なしで車の利用を開始したい人
  • 車を維持する手間を減らしたい人
  • 新社会人や20代のKINTOがお得に使える人
KINTOは頭金なしで始められて、維持にかかるほとんどの料金がコミコミです♪

だから、まとまったお金を車に使いたくない人や維持にかかる手間を減らしたい人にとっておすすめできます。

また、KINTOには任意保険の料金も含まれているので、お得に使える新社会人や20代の方に特におすすめです!

KINTOをおすすめしない人

KINTOをおすすめしない人
  • トヨタ車とレクサス車以外の車に乗りたい人
  • 等級が高くKINTOが割高な人

KINTOはトヨタ車とレクサス車に乗れる月額制サービスです。

だから、トヨタ車とレクサス車以外の国産車や輸入車に乗りたいなら不向きと言えます。

また、若い人とは反対に任意保険の等級が高い人にとってKINTOの料金は割高になる可能性が高いです。

運転歴が長く事故も経験がないならお得とは言い切れません。

ただ、車維持の手間を減らしたり免許返納を考えていたりするなら、検討してみるのもアリですよ!

【頭金なし/来店不要】KINTOの始め方は6STEP


「KINTOを使って車に乗りたい!」と思ったときのために、KINTOの始め方をザックリ予習しておきましょう!

KINTOで車に乗るステップは次の6つです♪

  1. 車を選ぶ
  2. オプション装備を決める
  3. 販売店を決める
  4. 各種手続きと契約をする
  5. 車を受け取る
  6. 毎月の料金を支払う

好きな車を選んで、気に入るオプション装備を選んでいきましょう!

車について決まったら、車の納車やメンテナンスを行ってくれる販売店の選択です。近くのお店を選ぶだけです。

ちょっと大変なのが手続きと契約のステップですが、全てWeb上で完結します。

お店に行かずに車を利用できるなんて便利ですよね♪

タケル

個人情報や免許の番号、支払い方法などを選び、KINTOの利用規約に同意して申し込みをします。

注意して欲しいのは、申し込み後に登録したメールアドレスに届くURLをクリックしないと申し込み手続きは完了しないです。必ず、メールをチェックしましょう!

申し込みできたら、車が完成して納車されるのを待つだけです。人気の車だと2ヶ月以上かかってしまうこともありますが、1.5ヶ月が平均的な目安となっています。

車が完成したら販売店で受け取りましょう。そのあとは、指定した支払い方法で毎月料金を払っていくだけです♪

毎月定額で車を使うのに、たったこれだけのステップで完了できます。お店に行くのは車を手に入れるときだけなので、とっても簡単ですね。

サービス名 KINTO
運営会社 トヨタ自動車
対応している車種 トヨタ車16種類
レクサス車7種類
主なラインナップ アクア、カローラスポーツ、ヤリス、ヤリスクロス、C-HR、
ハリアー、シエンタ、ヴォクシー、プリウス、クラウン、
UX、NX、 RX、RC、LX、LSなど
総合評価
(4.5)
金額面
(4.5)
手続き
(5.0)
柔軟性
(4.5)